お金持ちになってあなたは何がしたい?(金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?/堀江貴文)

シェアする

金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?を読んで。

著者は堀江貴文さんです。

堀江さんの本は面白く、ためになる話が多いのでいつもワクワクして読んでいます。

本書は、氏が運営するメルマガ「堀江貴文のブログでは言えない話」の中のコンテンツを編集・再構成したものである。

ビジネスモデルについてのアイディアやヒントについての話と、

読者からのQ&Aについて書かれています。

ここに書かれているビジネスのアイディアは実際に実現されているものもあって、堀江さんの物事を捉える視点の鋭さを目の当たりにしました。

お金持ちになりたいと思っている人は多いでしょう。

生活する為にお金は必要不可欠なものです。

お金があれば、やりたいことを実現することが可能になるし、自分の好きな人生を歩むことができます。

しかし、お金を稼ぐために働きづめで身体を壊してしまっては元も子もない。

何故お金持ちになりたいのか?お金持ちになって何がしたいのか?を考えることはとても大事だと改めて思いました。

やりたいことをやる

お金儲けを考えるのではなく、やりたいことをやる

お金を儲けることを考えるのではなく、

自分のやりたいことを世の中に発信していく、自分のやりたいことを実現していくことが大切だということ。

●自分のやりたいことを発信していく

➡それに価値を感じる人がいる・需要が増える

➡結果お金を得ることができる。

お金は後からついてくるものなので、

「お金を儲けること」を目的とせずに、自分のやりたいことをやることが大切ですね。

質問:東大中退、特にやりたいことはないが、なるべく早くお金持ちになりたい。苦労は厭わない。という状態だったら、堀江さんは何をしますか?

という質問に対してこう答えている。

やりたいことが見つかるまでダラダラします。でも、やりたいこともないのにお金持ちになってどうするんですか?

確かにその通りだ。

やりたいことがあるから、それを実現するためにお金が必要になる。

だから、お金持ちになりたいという考え方の方が正しい。

「やりたいことをやりなさい」「やりたいことをやるのが一番良い」と主張する本は数多く存在する。

成功している人の多くは、やりたいことを好きなだけやって人生を謳歌している。

「ただ、やりたいことをやり続けること」が成功するための一番の近道なのです。

“楽しい”をベースに考える

ゲームをやってゴロゴロ暮らすのも、ビジネスで何億円儲けるのも「楽しい」がベースになっているならどっちを選んでもいいと思います。

これは匿名掲示板「2ちゃんねる」の開設者であり、元管理人でもある西村博之氏の言葉です。

さらに、

自分自身が喜べるものじゃないと、何をやったところで努力できないし、長く続かないでしょうとも言っています。

自分自身が「やりたい」とか「楽しい」と思えることをやるのが大事。

有名になりたいとか、誰かから認められたいといった「承認欲求」ではなく、

自分自身が楽しいこと。楽しくて仕方ないものを選ぶこと。

とても大切だなと感じます。

目的をはっきりさせる

お金を稼いで実現したいことは何なのか?

それがしっかりと定まっていると、

そこに向かうプロセス(どんなビジネスをするか?何がしたいのか?)がはっきりと見えてくるのではないかと思います。

ネットを使えば、お金持ちになる方法はいっぱいあります。

何があるの?何がやりたいの?という自問は必要です。自分が本当は何がしたいのか。選択肢は無限にあるのです。

無限にある選択肢の中で何をどう選ぶのか。

それには、お金を稼ぐ目的をはっきりとさせておくことが何より重要。

それと同時に、それはお金がないと出来ないことなのか?を考えることも重要なことだと感じた。

この本を通して堀江さんが伝えたいことは、

金儲けはシンプルで、お金は便利なツール。しかし、儲けてからどうするの?である。

お金を儲けることは大切なことですが、お金を儲けてどうしたいのか?

その先を考えることの方がよっぽど大切だと感じました。


🔴まとめ

「金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?」を読んで感じたことを書きました。

ビジネスについての考え方や、お金の稼ぐ方法について学ぶことができました。

堀江さんの言葉や考え方って相手に勇気や希望を与えてくれる気がします。

そう感じるのは僕だけでしょうか。