「したい人」「始める人」「続けられる人」あなたはどの人?

シェアする

 

「人間的魅力」のつくり方という本の中でこのような言葉がありました。

「したい人」

・「始める人」

・「続けられる人」

現在の状況に満足せずに、常に高みを目指して努力することが「向上心」です。向上心を発揮するために必要なことは「何かを始めること」。

向上心を発揮できない原因として以下の3つを挙げています。

●目標の欠如

●実際に始めること

●継続すること

1.目標の欠如

人は目標を持たないと惰性に流されて生きるようになってしまう。何か特別なことをしなくても時間は無情にも過ぎていきます。人間は本来、怠ける生き物なので楽な方へ楽な方へと流されていってしまうのです。そしてその生活に慣れてしまう、とても怖いことだ。

反対に、目標を持つと達成欲が湧いてくる。目標達成のために必要な知識を学ぼうとか行動してみようという気持ちになる。向上心を持つためには「目標を持つこと」が必要不可欠である。しかし「目標を持つ」だけでは十分ではありません。

////////////////////////// //スポンサードリンク
// //////////////////////////

2.実際に始めること

そこで大切なことが「実際に始めること」。人は、すぐ先延ばしにしたがる癖があります。

ランニングを始めよう、読書を習慣化しようと思った時に、「今日は疲れたから明日からやろう」と先延ばしにしていつになっても始められない・・・

こんな経験はありませんか?

本書でスイスの哲学者のヒルティ氏の言葉を紹介しています。

「諸君にとって、もっとも容易なものから始めたまえ。とにかく始めてみることだ」

引用:「人間的魅力」のつくり方

始められない自分を克服するためには簡単なものから始めてみることが大切だそうです。いきなり難しいことにチャレンジしようとするから続かなくなってしまう。それならとにかく簡単なものから始めてみる。

ブログを始めて、感じたことにも書きましたが、「始めること」の重要性を改めて感じました。

ブログを始めたことで気づいたこと・感じたことが沢山あります。始めなければ気づかなかっただろうし、感じることもなかったと思います。先延ばしせずにまず始めてみましょう。

3.継続すること

継続がいかに難しいかは皆さんも何度か経験があると思います。何かを始めてみたけど3日坊主になって続かなかったり、目標を見失ってしまって続けることができなかったり・・・

続けることって難しいなとぼく自身も感じています。

最も難しいことは「続けること」だと本書でも指摘しています。

①したい人 一万人

②始める人 百人

③続ける人 一人

引用:「人間的魅力」のつくり方

したい人・始める人・続ける人の分かりやすい例です。

「こんなことがしたい」と思う人が一万人いるとします。

その中で「実際に始める人」は百人だけ、一%です。

しかし、これが「継続」になるとさらにその一%のたった一人。

「継続すること」がどんなに難しいことか、またどんなに重要かが分かります。向上心は、より良いもの・より高いものを目指すこと。そのためには「何かを始めること」が必要だと説明しました。

ぼくの好きなNBA選手のマイケル・ジョーダンもこんな言葉を残しています。

何かを始めるのは怖いことではない。

怖いのは何も始めないことだ。- マイケル・ジョーダン -

引用:http://iyashitour.com/archives/20995

何かをチャレンジすることではなく、何も始めないことが怖い。

何かにチャレンジしないことは今の状況に満足して向上心を失うことです。あなたのやりたいこと、自分ができることから始めてみることが大切です。ぼく自身もこの言葉を常に意識して、挑戦することを忘れないようにしたいと思います。

 

まとめ

大切なことは、

常に目標を持つこと

始めること

それを続けること