“伊豆の小京都”で森林浴。中伊豆で森林浴するなら竹林の小径で決まり

シェアする

こんにちは、koujiです。

森林浴って好きですか?

僕は自然のなかに身を置くと心が穏やかになって、悩みが吹き飛ぶのでよくストレスがたまった時や、仕事のタスクがいっぱいで頭がごちゃごちゃした時にはよく自然に触れに行きます。

自然の中に身を置くと心がスッキリして穏やかになるのを感じることがあるかと思いますが、樹木が発散するフィトンチッドには疲労効果があり、さらに樹木の香りが心を落ち着かせ、リラックス効果をもたらすからなんです。
また、日常と離れた場所にくることにより雑念を忘れられる効果(転地効果)もあります。

竹林の小径とは?

平成6年(1994年)から3年間を費やして整備された温泉街の中央を流れる桂川沿いの散策道、竹林の小径(ちくりんのこみち)。

竹林の小径を歩くと、茶処や火の見櫓が懐かしく、竹林中央にある大きな竹の円形ベンチに座れば竹林を通る風を感じることが出来ます。

日没後はライトアップされ、幻想的な夜の散歩を楽しむことができます(ライトアップは日没~23時まで)。

昼間と夜で違った姿を見せるのも見どころのひとつとなっています。

竹林の小径までの行き方

修善寺駅からバスで8分。伊豆箱根バス・東海バスの修善寺温泉行き「修善寺温泉」下車、徒歩6分。

引用:http://kanko.city.izu.shizuoka.jp/org/p4636_1.jpg

修善寺駅改札を出たら南口にある3番乗り場のバスに乗りましょう

案内板もあるので、それに従っていけば迷わず行けます。

竹林の小径を歩いていくと、ベンチが見えてきました。

竹林の中央にある大きな竹の円形ベンチに座れば竹林を通る風を感じられます。

360度竹林に囲まれた空間に包まれていると心が穏やかになっていくのが実感できます。

修禅寺

当山の正式な呼称を『福地山修禅萬安禅寺(ふくちざんしゅぜんばんなんぜんじ)』 略して福地山修禅寺と呼んでいます。
大同2年(807年)、弘法大師に依って開創され、その後約470年間は真言宗として栄えました。
鎌倉時代になり、中国から蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)禅師が入山して臨済宗に改宗。臨済時代は二百数十年間続きました。
やがて室町時代(1489年)に韮山城主北条早雲が隆渓繁紹(りゅうけいはんじょう)禅師を住職として遠州の石雲院から招き、曹洞宗に改宗。
文久3年(1863年)に再び伽藍や宝物の多くを焼失、明治13年から同20年にかけて本堂などを再建。その後専門僧堂として多くの禅僧を輩出してきました。
曹洞宗になってから518年、開創から1200年目にあたる平成19年には記念事業として、42世住職田中徳潤老師の発願により、檀信徒会館の建設、老朽化した本堂と大屋根の修復が為されました。

手水場で手と口を清めます。

手水場は龍の口から温泉が流れ、風情あふれる佇まいです。また、温泉なので飲むこともできます。

水ではなく、温泉なんて珍しいですよね。

わさびソフトクリーム

入り口横のお土産屋さんで気になるものを発見したので、食べてみました♪

うだるような暑さで、乾ききった身体に染み渡りますね。

わさびとソフトクリーム?
甘いものと辛いものの組み合せなので合わないんじゃないかと思いますが、これが意外でした!

甘いソフトクリームにワサビが良いアクセントとなっています。ワサビがあることでただ甘いだけでなくほのかな爽快感も加わって新鮮です。

静岡県は日本一のわさび産地です。

静岡県のわさび栽培は、安倍川流域や伊豆半島、富士山周辺地域など、豊富な湧水に恵まれた地域に広がり、各地で独自の発展を遂げました。

現在では、栽培面積、産出額ともに日本一で、特に産出額は全国シェアの7割を占めるなど、高い地位と品質をもっています。

静岡県ならではのわさびソフトクリーム。ぜひ訪れた際は食べてみてください♪

ではまた。

わさびソフトクリームが食べられるお店

🔵みつぼ商店

  • 所在地:〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺965-1
  • 電話番号:0558-72-0312

🔵独鈷茶屋(トッコチャヤ)

  • 所在地:〒410-2416伊豆市修善寺970
  • 電話番号:0558-72-6112
  • 営業時間:10:00~17:00
  • 定休日:木曜日

引用:http://kanko.city.izu.shizuoka.jp/org/p2696_1.jpg

🔵Cafe弘乃

  • 所在地:〒410-2416伊豆市修善寺971-1
  • 電話番号:0558-72-8858
  • 駐車場の有無:あり
  • 営業時間:10:00~16:00
  • 定休日:不定休

引用:http://kanko.city.izu.shizuoka.jp/org/p3658_3.jpg