本を読んだらTwitterで感想をツイートしよう(アウトプット・リーディング/小林亮介)

シェアする

スポンサーリンク

「アウトプット・リーディング」を読んで。

著者:小林亮介さん

本書は、読書によってどん底の状態から人生が好転した著者の経験をもとに書かれています。

「アウトプット・リーディング」とは?

読書での学びをTwitterやモバイル機器を駆使してアウトプットすることによって

現状を変えたり、よりよい人生を切り開いていくための方法です。

ンプットの前にアウトプットを考える

本を読むときは、「何のためにこの本を読むのか?」

「読書の目的をどこに設定するのか?」といった、小さいゴールを明確にしてください。

「目的を意識して本を読む」のと「何となく本を読む」のでは大きく違うことを僕自身も感じています。

アウトプットを意識して本を読むことで、自分の探している答えが書かれている箇所や答えに繋がるキーワードが見つかりやすくなります

また、アウトプットを考えてからインプットすることで読書の質も上がって読書時間を短縮することもできるようになります。

読書後のアウトプットの方法として代表的なものはこの2つ。

●「読書ノート」の作成

●「ブログ」を書くこと

「読書ノート」「ブログ」。

どちらも継続することができれば大きな効果は期待できます。

しかし・・・実際にやってみると本を読むたびに読書ノートを書く・ブログを書く

ことを続けるのって簡単じゃないです。

昔僕も、読書ノートを書いてた時期がありましたが、長く続きませんでした。

原因は何だろうと考えてみた

紙とペンを常に持ち歩くのは面倒

カフェや家など座った環境でないと書けない

字が汚くて後から見返した時に読めないことがある

これが大きな理由として考えられました。

小林氏も本書内でアウトプットを継続するためには「ツール」と「仕組み」が大切であると言っています。

スポンサーリンク

ツールや仕組みづくりの5つのコツ

ツールや仕組みづくりには、いくつかのコツがあると説明。

5つのコツがこちら⇩

●すぐに実行できる

●根性や意志に頼らない

●手軽な方法でなければならない

●右の三つの条件を満たす「ツール」を利用し、アウトプットを継続する「仕組み」をつくる。

●「ツール」と「仕組み」によってアウトプットを継続し、体にしみ込ませる。

なるほどなと感じました。

✖すぐにできる

✖手軽な方法

読書ノートやブログを続けられない人が多い理由がわかりました。

Twitterは最新最強のアウトプット・ツール

読書後のアウトプット・ツールとして小林氏はTwitterを強く推奨している。

アウトプットにTwitterを活用する発想は新しいなと感じました。

僕自身、Twitterのアカウントは持っているが読書後のアウトプットとして使ったことは数回しかありません。

読書ノートやブログで読書記録を書いてみたけど、続かなかった人にもおすすめです。

Twitterがアウトプット・ツールとして最強の理由

何故、Twitterがアウトプット・ツールとして最強なのか?

理由はこれです

  1. 情報交換のしやすさ
  2. コメントの手軽さ
  3. 読書記録のつけやすさ
  4. 書きこみの手軽さ

ツイッターは今の時代、やってない人の方が珍しいくらいです。

Twitterをアウトプット・ツールとして利用しないのは勿体ない!と小林氏は言います。

僕もこれから本を読んだらTwitterで感想をツイートしていきます。

アウトプット・リーディングの第一歩

まずは、本の内容や感想を書いてみる。

自分が感じたこと、本を読んで学んだことを自由に書いていくことが大事

気の利いた文章を書こうなどと変に意識してはいけません。

ここであまり考えるとツイートできなくなってしまいます。何事においても、長続きの秘訣は、すぐに実行できる手軽さと簡単さであると小林氏は言います。

周囲に宣言する

また、アウトプット・リーディングを継続させたければ、「これからツイッターに読書記録を残していきます」とツイートしてみてください。

周囲に宣言することも、目標達成のためには重要です。あらかじめ宣言していると、途中で「やっぱりやめよう」と思いかけても踏みとどまって続けられます。

周囲に宣言することも大切なこと。

周囲に宣言して、自分自身にプレッシャーをかけることで目標がより達成しやすくなるということ。

周囲の目があるとサボろうとする自分を律することができる気がしますね。

本書にはこの他にも

●Twitterの読書記録の効果

●読書記録のメリット

などについても紹介しています。

Twitterを最大限に活用する方法が書かれています。

アウトプットのツールとしてTwitterを活用する際に役立つ内容です。


🔴まとめ

今回は小林亮介さんの「アウトプット・リーディング」について書きました。

今、僕はブログと併用して読書メーターアプリで読書記録をつけています。

読書メーターは読書記録に特化したツールなので、読んだ本の記録や読みたい本を探すときなどに使っています。

別の人の感想やレビューも見ることができるので非常に便利です。

読書後のアウトプットにTwitterを活用する方法を知ったので、実際に試してみてどちらの方が使いやすいのか、両者を比較してみます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする