京都・大阪に行ってきました

シェアする

京都・大阪に1泊2日の旅行に行って来ました。

京都は中学生の修学旅行以来。

大阪は初めてなのですごく楽しみでした。

荷物

一泊の旅行ぐらいなら、普段使ってるバッグで余裕で収まります。

電車で旅行する時は荷物は軽いほうがいいです。

まず電車で東京駅まで行き、新幹線で東京から京都に向かいました。

東京➡京都までは2時間半ぐらいです。

京都駅に着きました。

京都駅から近い伏見稲荷大社に行こうということでまずは伏見稲荷大社に観光してきました。

伏見稲荷大社

webサイト:http://inari.jp/

京都一人気の観光地。京都を訪れるならここは外せません!

日本だけでなく、中国・韓国・アメリカ系・ヨーロッパ系の観光客も沢山いました。

外国の方にも人気の場所です。

むしろ、日本人よりも外国人の観光客の方が多かった気がします。

伏見稲荷大社といえば「千本鳥居」が有名です。

伏見稲荷大社とは?

私たちにとって、もっとも身近な神社といえる「お稲荷さん」。

全国に30,000大社あるといわれ、全国各地で老若男女を問わず親しまれています。その総本宮が伏見稲荷大社です。

そして、稲荷信仰の原点が、稲荷山であります。

当社の御祭神である稲荷大神様がこのお山に御鎮座されたのは、奈良時代の和同4年(711)

2月初午の日のこと。その日から数えて、平成23年(2011)に御鎮座1300年を迎えました。

引用:伏見稲荷大社とは

 ●アクセス方法

京都駅➡東福寺駅➡伏見稲荷駅。

伏見稲荷駅から出るとすぐの場所にあります。

伏見稲荷大社入り口

駅を出ると大きな鳥居が出迎えてくれました。

本殿

●千本鳥居の入り口

ここを抜けるとついに千本鳥居とご対面です。

千本鳥居

すごい。凄すぎる!!

圧巻の美しさでした。写真で見るのと、実際に見るでは全然違いました。

やはり実際に自分の目で確認することでその素晴らしさに気づくことができるな~

おもかる石

千本鳥居を抜けると奥社奉拝所の右奥に石灯籠「おもかる石」があります。

灯籠の前で願い事を祈願して石灯籠の空輪(頭)を持ち上げそのときに感じる重さが

自分が予想していたよりも軽ければ願い事が叶い、重ければ叶わないとする試し石です。

一般的には「おもかる石」の名で親しまれている。

重いのか?軽いのか?試してみると面白いです。

●休憩所

数か所ある休憩所で、少し休むことに。

頂上近くの休憩所から京都の町を一望できました!

頂上までの道のりは約4kmあり、2時間かかります。

階段も多く険しい道のりで、道中には休憩所や茶屋が何か所もあるので、

休憩を取りながら自分のペースで登っていくといいです。

ホテル

リーガロイヤルホテル京都 

こちらのホテルに泊まりました⇩

ホテルで一度チェックインを済ませてから大阪観光へ。

ねぎ焼き「やまもと」

十三の地で昭和40年頃に生まれた「ねぎ焼き」。

このねぎ焼きの元祖がこの「やまもと」。本店は阪急京都線の「十三駅」からすぐの場所にあります。

電車を乗り継いで本店に行ってみたら常連客の方達で満席でした・・・

仕方なく新大阪のお店に行くことに。新大阪駅、新幹線改札内にあります。

新幹線の入場券を購入して、改札内に入ります。

すじねぎ焼きを注文。これがねぎ焼きです。

お好み焼きとは違って薄いものでした。ねぎ焼きは醤油をベースとした味付けで中にネギが沢山入っています。

すぎねぎ焼きなので、中にはねぎの他に、牛スジ、こんにゃくが入っていました。

出汁がきいてて美味しかったです。噛むたびに出汁の香りが鼻から抜けていきます。

今度大阪に来るときは本店に行ってみたいです。

通天閣

大阪といえばココ。

通天閣はなにわのエッフェル塔と呼ばれているみたいですね笑

赤や青に綺麗にライトアップされていました。

展望台から見える夜景は最高❕

ビリケン様がいました。足の裏を撫でてご利益を頂いてきました。

道頓堀

道頓堀といえばこのグリコの看板が有名ですね。

多くの観光客がこの看板の前で写真を撮っていました。

串かつ 横綱

webサイト:http://www.4527.jp/

歩き疲れてお腹が減ってきたので、大阪グルメの串かつを食べました。

沢山お店がありましたが、日本一という「横綱」へ。

上手かったです。紅しょうがの串かつに初挑戦!

右側の赤いのが紅生姜です。

細く切られているものではなく、そのままの形なので、大きくて存在感がすごい…笑

大阪に行った際には「紅しょうがの串かつ」食べてみてください♪

お酒も飲みながらゆったりした時間を過ごしました。

後ろの席に座っていた韓国人の男性と仲良くなり、帰り際にはハグをしてお互いに出会いを喜び合いました。

こういった出会いがあるのも旅の良さだなと思います。

しかし、別れてから彼の名前を知らないことに気づきました..(笑)

名前も知らない彼ですが、また大阪に来た時に会えればいいなーと。

書いていたら思ったより長くなってしまったのでこの辺にしておきます。

ではまた明日❕