夏風邪をひかないために心がけたい3つのこと

シェアする

こんばんは、koujiです。

8月も終わろうとしていますが、相変わらず連日ジリジリと暑い日が続いています。こうも暑いとエアコンに頼る機会が増えてきますよね。

そんなときに気を付けなければいけないのが夏風邪です。

僕の働いている職場でも、夏風邪が流行っています。

夏風邪は治りにくく、長引きやすいと言われています。できればひきたくないですよね。

実は、僕は夏風邪を人生で一度もひいたことがないんです。

なぜ、夏風邪をひいたことがないのか?なぜ多くの人は夏風邪をひくのか?

夏風邪をひいてしまう人には、何か原因があるんだと思います。

僕が夏風邪をひかないために実際にどんなことをやっているのか?について書いていこうと思います。このブログが少しでもあなたの役に立ったら嬉しいです。

夏風邪をひかないためにやっていること

  • エアコンに頼りすぎるのは良くないの!?
  • エアコンの設定温度って何度がいいの?
  • 冷たいものばかりじゃダメ!!
  • 食欲がなくてもバランスの良い食事を心がけよう

では、いきますよ‼

1.エアコンの頼りすぎは身体に良くない

まず、エアコンに頼りすぎないこと。

エアコンの風は身体にとって良くないということをご存知ですか?

エアコンの風を日常的に浴びていると体がだるくなるだけでなく、知らず知らずのうちに体温を下げってしまっているんです。

体温が1度下がると、免疫力は30%低下するとも言われています。

体温を下げないためには、身体を冷やしすぎないようにすることです。

////////////////////////// //スポンサードリンク
// //////////////////////////

2.設定温度は28度にしよう

普段使っているエアコンの設定温度は何度になっていますか?

設定温度を低くしすぎていませんか?

なぜ、エアコンの設定温度が低いと良くないの?

室内と室外の気温差がありすぎると、外に出たときにその温度差に身体がついていけなくなってしまい、疲れやすくなってしまいます。

また、気温差や湿度差が大きいと自律神経が乱れ、体温調節が出来なくなることにより免疫力の低下を招き、風邪をひきやすくなるからです。

夏バテや日射病の原因にもなるので、エアコンの設定温度は高めに設定しておくのがいいでしょう。

3.冷たい飲み物ではなく、常温のものを!

エアコンだけでなく、アイスや冷たいものの摂り過ぎにも気をつけなければなりません。

暑さで火照った身体にキンキンに冷えたビールや炭酸飲料、アイスは最高に清々しい気分になりますが、冷たいものの摂り過ぎは禁物です!!

冷たいものの取りすぎは、内臓まで冷やしてしまうので要注意。冷たいものを取ることで、一時的なクールダウンは図れるのですが、実は内臓も冷えて身体の機能を低下させてしまうんですね。免疫力の低下はさまざまな不調や万病につながっていきますので、身体にかかるストレスを軽減するためにも、あえて常温のものや温かいものをとるなど、身体を冷やさないように意識してください。

引用:夏の不調の原因は“夏の冷え”なんです

僕はカフェや喫茶店に入ったときによく氷なしで注文をしています。

カフェなどの店内は外から入った瞬間にヒンヤリとした空気を感じてもらえるようにエアコンの温度をかなり低めに設定しているそうです。

エアコンで冷えきった店内で氷の入った冷えたドリンクを取ってしまうと、急激に体温を下げてしまいかねません。

外出先でも、心がけ次第で体調を気遣うことはできます。

今まで何気なく頼んでいた人は、ぜひ氷なしで注文をしてみてくださいね。

免疫力をUPして快適な夏を過ごそう

僕たちの身体は食べたものでできています。いくらこれまで紹介したもので対策をしても毎日の食事を疎かにしていては元も子もありません。

夏は暑くて食欲がなくなる季節でありますが、そうめんやそばなどの簡単なもので済まさずにしっかりと野菜などの様々な栄養素をバランスよく取りましょう。

免疫力を高める手助けをしてくれる栄養素

🔴β‐グルカン:腸内環境を整えながら免疫力をアップさせる効果があります(しいたけ、まいたけなどのきのこ類)

🔴β‐カロテン:強力な抗酸化作用を持っており、活性酸素を除去する働きがあります(ニンジン、かぼちゃ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜)
🔴サポニン:抗酸化作用や亢進作用、血行促進などの効果があり、身体を温めて冷えを解消する効果もあります(大豆、高麗人参など)

🔴亜鉛:免疫細胞の働きを活性化させる作用があります(牡蠣、パルメザンチーズ、煮干しなど)

🔴フコダイン:抗アレルギー効果があり、免疫細胞を活性化する作用があります(昆布やメカブなどのネバネバした海藻など)

🔴乳酸菌:腸内環境を整えながら免疫力をアップさせる効果があります(ヨーグルト、納豆、味噌など、発酵食品)

引用:免疫力UPで夏を快適に | 山田養蜂場

まとめ

夏風邪をひかないために、どんなことをすればいいのか?について僕が実際にやっていることを書いていきました。

夏を快適に過ごすために、今回紹介した方法を試してみてくださいね

ではまた