SF映画の超大作!インターステラー…感想

シェアする

インターステラーという映画を観ました。

今回はこの映画について書きます。

インターステラーとはどんな映画なのか?

クリストファー・ノーラン監督による2014のSF映画。

クリストファー・ノーラン監督は

ークナイト3部作「バッドマンビギンズ」「ダークナイト」「ダークナイトライジング」を手掛けた監督として有名。

観たきっかけ

トップクリエイターの間で話題となった映画』ということを知り、好奇心をくすぐられました。

クリエイターの考えや趣向を知りたいと思ったので、観ることに。

キャスト

●宇宙船クルー

  • ジョセフ・クーパー(元空軍パイロット) – マシュー・マコノヒー
  • アメリア・ブランド(博士) – アン・ハサウェイ
  • ニコライ・ロミリー(博士) – デヴィッド・ジャーシー
  • ドイル(博士) – ウェス・ベントリー
  • ヒュー・マン(博士) – マット・デイモン

●地球の人物

  • マーフィー・クーパー(マーフ) – ジェシカ・チャステイン
  • マーフ(幼少期) – マッケンジー・フォイ
  • マーフ(老年期) – エレン・バースティン
  • ジョン・ブランド教授 – マイケル・ケイン
  • ドナルド・クーパー – ジョン・リスゴー

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/インターステラー

どんなストーリー?

舞台は近未来。地球規模の疫病、異常気象によって、人類は絶滅の危機に立たされていた。

第二の地球となりうる惑星、人類の新天地を探す任務に臨むクーパー。

しかし、それは何年掛かるかも分からない過酷な任務であって、帰還できる保障もない。

常に死と隣り合わせであった。

クーパーたちは人類を救えるのか・・・?

新天地を見つけだすことができ、家族を救うことができるのか?

詳しい概要はこちら⇩

近未来。地球規模の植物の枯死、異常気象により、人類は滅亡の危機に晒されていた。元宇宙飛行士クーパーは、義父と15歳の息子トム、10歳の娘マーフィー(マーフ)とともにトウモロコシ農場を営んでいる。

マーフは自分の部屋の本棚から本が勝手に落ちる現象を幽霊のせいだと信じていたが、ある日クーパーはそれが何者かによる重力波を使った二進数のメッセージではないかと気が付く。クーパーとマーフはメッセージを解読し、それが指し示している秘密施設にたどり着くが、最高機密に触れたとして身柄を拘束される。

そこでクーパーはかつての仕事仲間のブランド教授と再会し、大昔に無くなったNASAが秘密裏に復活し活動を続けていることを知らされる。NASAは土星近傍のワームホールを通り抜けて、別の銀河に人類の新天地を求めるプロジェクト――ラザロ計画を遂行していたのだった。

48年前に彼らによって創造されたと考えられているワームホールを通過し、すでに三名の先駆者達が、入植が期待できる惑星から信号を送り返している。教授は、第二の地球となり得る惑星を探すミッションにパイロットとして参加するようクーパーを説得する。

帰還できたとしてもそれがいつなのか不明なミッションに、マーフは激しく反対する。二人は和解の機会を得られないまま、クーパーは出発の日を迎えてしまう。

クーパーはマーフに「必ず戻ってくる」とだけ言い残し、ブランド教授の娘のアメリア・ブランド博士らとともに宇宙船エンデュランスに搭乗し地球を後にする。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/インターステラー

「彼ら」とは何なのか?人類はどんな結末を迎えるのか?

映画を観て確認して欲しい!

感想

今まで観た中で、最高の映画でした!!

ぼくはSFとか、宇宙とかそういったテーマには詳しくありません。

そんなぼくでもこの映画の素晴らしさはわかりました。

ただ、テーマが壮大かつ難解なため、言葉で説明するのは難しく、

言葉で説明してこの映画を理解した気になってしまうことはすごく勿体無いことだと感じます。

なので、友人に勧める場合でも簡単なストーリーだけを伝えたあとは、

「とりあえず観てくれ!」と言うでしょう。

言葉では語りつくせない映画だけに、観てもらうことでしか僕の興奮は伝わらないと思う。

これだけオススメしたい映画に出遭えたことは、すごく光栄なことだと感じます。


🔴まとめ

今回は最近観た映画「インターステラー」について書きました。

U-NEXTでは無料登録をすると、600ポイントがもらえます❕

そのポイントを使えば無料で映画を観ることができるので、この機会にぜひ♪