「マインドマップ」をつくってみた。自分の好きなことを知るきっかけになった

シェアする

TEDの動画を見て「マインドマップ」を作ってみました。

マインドマップとは?

自分が好きで好きでたまらないことに気づくための方法です。

巷では、偏愛マップとも呼ばれています。

動画はこちらです☟タイトルは「好きでしょうがない! Just Can’t Help It !! 」

マインドマップの作り方

①まず、紙を用意します。紙の真ん中に自分の名前を書きます。

②そこから自分にとって興味のあるもの・関心のあるものを書いて線でつなでいく。

頭に浮かんだものでも何でもOK。

③興味・関心のあるものを繋いで考えてみる。

線が沢山引き合っている所は、自分が興味・関心を持っている所で「好き」という気持ちが強いもの。

マインドマップを書くことによって、自分が心の底から好きだと思ってることに気づくことができます。

「Just Can’t Help It」。好きでしょうがない!いてもたっていられないくらい好き。ちょっと好きってくらいじゃないんです。好きでしょうがないってことを選別するための頭の思考の整理方法です。

マインドマップをつくってみました

僕のマインドマップはこんな感じです。

10分ぐらいでざっと書いたのですが、意外とスラスラと出てきました。

今好きなこと・よくやってること・昔好きだったことを思い出しながら書いてみました。

時間をかければまだまだ出てきそうです。

自分の好きなことを書きだしていくのって楽しいです。

紙に書き出すことで頭の中が整理されます。

「教えること」/「伝えること」/「表現すること」。

自分ではあまり気がつかなかった一面を発見することができた。

書きだしてみるとこんなことも好きだったなーと昔、自分が情熱を注いでいたものを思い出すこともできました。

自分の将来の進路を決め時や、転職を考える時に役立つなと感じました。

マインドマップを作って、自分の「好きで好きでしょうがないこと」を探してみてはいかがでしょうか。