号泣必至!亡き小説家が遺した名作(余命10年/小坂流加)

シェアする

今回紹介する本は余命10年です

著者は小坂流加さん

ハウツー本や自己啓発本を好んで読むことが最近は多かったのですが、書店でこの本を見つけ、タイトルにひかれて読むことにしました。

本書は小説です。

しかし、この本を書いた小坂さんはもうこの世にいません・・・

余命10年と宣告された小説の中の女性、

そして当の著者本人も病気で亡くなっていることを知ると、二人を重ねずにはいられませんでした。

著者プロフィール

小坂流加。

7月4日生まれ。静岡県出身。

第3回講談社ティーンズハート大賞で期待賞を受賞。

本作の編集が終わった直後、病状が悪化。刊行を待つことなく2017年2月逝去。

あらすじ

死ぬ前って、もっとワガママできると思ってた。

二十歳の茉莉は、数万人に一人という不治の病にたおれ、余名は10年であることを知る。笑顔でいなければ、周りが追いつめられる。

何かをはじめても志半ばで諦めなくてはならない。未来に対する諦めから、死への恐怖は薄れ、淡々とした日々を過ごしていく。

そして何となくはじめた趣味に情熱を注ぎ、恋はしないと心に決める茉莉だったが・・・衝撃のタイトル。衝撃の結末。涙より切ないラブストーリー。

もし、あと10年しか生きられないとしたら、あなたならどう生きますか?

感想

タイトルの通り余命10年という宣告を受けた女性の心情や、周りに対する嫉妬の気持ちがリアルに描かれています。

最後は感動して、涙を流しながら読みました。自然と涙が溢れて止まらなくなった。

本を読んで泣いたのはこれで二回目。

外で読んでなくて良かった。

たとえ周りの人の視線があっても、涙を堪えることはできなかったと思います。

茉莉の力強さ、懸命に人生を生き抜いた姿に心を打たれた。

ひとりの女性の生きた証

あと10年しか生きられないとしたら、ぼくはこの女性のように力強く生きられるだろうか?

やりたいことってなんだろう。

自分らしく生きるってなんだろう。と改めて自分自身と向き合いながら考えた。

ありがとう、ごめんね、好きです

この小説のキーワードである3つの言葉。この言葉に当てはまる人物を探していく。

どれも優しくて切ない言葉です。

自分だったら誰にこの言葉を伝えるんだろう。

何回伝えたい人に出逢えるんだろう。遠い日の記憶、幼い頃の記憶を辿りながら読んだ。


🔴まとめ

今回紹介した本は「余命10年」でした。

自分の人生について、考える機会を与えてくれた本でした。

人生は有限である。

そんな陳腐な言葉で片付けたくはないですが、

毎日を精一杯生きること、周りの人に感謝すること。周りの人を大切にすること。

人生の終わりはいつ来るか分からない。そんなことを改めて思い起こさせてくれる良書です。