好きなことだけして生きていくのは無理という呪縛を解く(好きなことだけして生きていく/心屋仁之助)

シェアする

スポンサーリンク

こんばんは。

「好きなこと」だけして生きていく。心屋仁之助さんの本を読みました。

この本を手に取ったきっかけは、好きなことだけして生きていきたい!と心の中では思っていても実際にはうまくいかない事が多く、このヒントを探していたからです。

好きなことだけして生きていくとはどういうことか?

ー5つの大切なことー

スポンサーリンク

頑張らないこと

どんなに頑張っても、報われる保証はありません。頑張らなければ好きなことができない、と思ってる限り、あなたは報われない。

なぜなら、あなたは自分が頑張らなければ認められないと思っているから。「頑張らない私」には価値がないと思っているから。だから死ぬほど頑張るんです。「私」の価値を認めてもらいたくて。

頑張らない私には価値がないのでしょうか。そんなことは決してないです。

自分自身で勝手にそう決めてしまっただけ。その思い込みをやめることから始めてみることが大切だそうです

「自分には価値がある」と思い込む

自分には価値がないと思っている➡価値を認めてもらえるように頑張る➡頑張っても報われない➡ますます自分には価値がないと思ってしまう。

 この考え方をこう変えてみましょう。

自分には価値があると思ってみる

➡価値があるから頑張らず自然体でいると、成果が上がる➡頑張らなくても報われる➡ますます自分には価値があると思うようになる。

とりあえず価値があると思って行動してみること。

意識するだけで、周りも価値のある人だと認めてくれるようになるそうです。

✖ 相手の事を自分が「嫌い」だと思っていると➡相手からも嫌われる。

〇 相手の事を自分が「好き」になろうと努力すると➡相手も「好き」になってくれる。

これと同じ原理だとぼくは感じました。まず、自分が自分のことを好きになる認めてあげることが大事ですね。

今好きなことをする

今、好きなことができない人は、どこに行っても好きなことができません。すごく頑張って、お金がたまって、ちゃんと好きなことができるようになっても、「まだまだ」「こんなんじゃない」「私がやりたかったのは、こんなちっぽけなことじゃない」と思います。いつまでたっても、好きなことをしているという満足感が得られない。

小さな好きなことを積み重ねていくことで、本当に好きなことが見つかった時に迷わず行動できるようになるということ。

今やりたいこと・好きなことをやること。自分のリミッターを少しずつ外していくことが大事。

なんとなく好き、やっぱり好き

僕の解釈では、「本当に」好きなものに理由はありません。理由はないけど、やっぱり好き。「やっぱり」がつくものが本当に好きなものです。

理由のない「好き」を挙げてみましょう。

「やっぱり○○が好き」。「なんとなく△△している瞬間が好き」。

理由のない好きはあなたが本当に好きなことです。他人からどう思われてもいいから好きなことをする。

未来のために今を犠牲にしない

・好きなことだけして生活していけるのか?

・お金が無くなったらどうしよう。

・会社をクビになったらどうしよう。

起こるかも分からない未来を想像して今を犠牲にするのは勿体ないことだ、と心屋さんは言います。

未来の心配は起きた時に考えればいい。今を楽しむことを優先することが大切。

未来のために好きなことを我慢しても、未来にそれが手に入るとは限りません。でも今好きなことをすれば、未来も好きなことが手に入る可能性があります。その可能性を信じれるかどうかです。

確かにその通りだなと。

何年後どうなっているか、どんな生活をしているか、なんてことは誰にも予測できません。

それなら今を精一杯楽しんで、好きなことをやった方がいいですよね。

まずは未来が良くなる!と信じることから始めてみましょう!そうすれば自ずと未来は良い方向に向かう気がします。

「好きなこと」だけして生きていく。

本書の中にあなたの探している答えが見つかると思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする