起業家の素顔がここに!(リブセンス〈生きる意味〉/上阪徹)

シェアする

リブセンス〈生きる意味〉~25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事~

著者は上阪徹さんです。

読んだきっかけ

職業、ブックライター。 毎月1冊10万字書く私の方法という本を読み、この著者の本をもっと読みたいと思って、面白そうなものを見つけたので読んでみることにした。

村上太一氏とは?

まず、村上太一氏とはどんな人なのか?について説明していきます。

株式会社リブセンス代表取締役社長。1986年東京都生まれ。

幼い頃から人に喜ばれることが好きで、小学校高学年頃から将来は社長になりたいと思うようになる。高校時代から企業に向けた準備を開始。初めてアルバイトを探した際に感じた不便さを解消しようと、アルバイト求人サイトのビジネスを考案。

2005年、早稲田大学政治経済学部に入学後、「ベンチャー起業家養成基礎講座」を受講し、そのビジネスプランコンテストで優勝。2006年に大学1年生でリブセンスを設立。2009年大学卒業。

2011年12月、史上最年少上25歳1ヶ月で東証マザーズへ株式上場。会社事業が何より好きで、365日仕事を楽しむ日々を過ごしている。

それまでの最年少上場記録は、2006年6月に上場したアドウェイズの代表取締役社長、岡本陽久の26歳2ヶ月でした。

記録更新は実に5年振りであった。

どんな本か?

本書の出発点は、なぜ「ごく普通の25歳の青年」が、

ITバブルでもベンチャーブームでもないこの時期に、最年少上場記録を塗り替えることができたのか、である。

「25歳での最年少上場」とさらりと書いたが、考えてみればとんでもないことであると上阪氏は言います。

高校を出てから6年、大学を出てわずか2年で自分の会社を「社会的な存在」に押し上げてしまったわけですから。

長時間にわたるインタビューを通して、村上氏が会社を設立するまでの道程と、設立した会社をいかにして上場企業にまで発展させることができたのか、について書かれています。

一人の起業家を通して、起業家の素顔が垣間見え、今、起業家が何を考えているのかを知ることができた気がしました。

感想

リブセンスという会社、村上太一という人物に対して知識が全くなかった僕でも、凄さを痛感させられた。

起業家とはどういう人なのか?

会社を設立するとはどういうことなのか?

本書を読み、起業家について理解を深めることができた気がします。

村上氏は、大学在学中にリブセンスを設立しています。

大学生って一番自由な時間があったな~と今振り返って思います。

勉強に一生懸命な人、

サークル活動で人脈を広げている人、

学校外の活動(ボランティアや旅行など)に取り組んでいる人など。

その時期に自分のやりたいことを明確にし、会社を設立し、ビジネス中心の生活を送ってきたことによって、最年少上場という偉業を成し遂げれたと感じました。

やりたいことも分からず、ただ漫然と日々を過ごしていたぼくとは、雲泥の差を感じた・・・

アルバイト探しで自分が感じた「不便さ」をヒントに

「このときの不便さをずっと覚えていました。自分も満足できなかったし、広告を出したお店も満足しているようには思えなかった。不便を解消するのがビジネスだと思っていましたから、これを解決すればいいんじゃないかと考えるようになっていったんです。」

どうすれば理想のアルバイト求人ができるのか。

どうすれば探す側にとって便利になるか。

これがジョブセンス起業の原点になっているそうです。

リブセンスを上場に導いた主力事業は、

高校生が思いついたアイディアがもとになっています。

不便に感じているものは何か?

その不便さを解消するにはどうしたら良いのか?

世の中に不便さを感じている人は多いと思います。

この「不便さ」を如何に解消することができるか。

起業のアイディア、ビジネスのアイディアは、そこかしこに転がっている。

「不便なもの」に対して敏感に反応することができるか?

その不便さを解消する方法は何なのか?

これを常に考え続けられるかどうかが大切なことだと感じます。


🔴まとめ

今回紹介した本は「リブセンス」でした。

起業家の人の考え方や生活に触れられる本はすごく新鮮でした。

本は「著者の頭の中を覗けるもの」だと感じていますが、

ここまで著者の日常の生活や人生を覗ける本は少ないと感じます。

起業したい、会社をつくりたいと考えている人にとって村上氏の人脈のつくりかたや、時間の使い方、ビジネスに対する考え方は参考になると思います。

購入はこちらからどうぞ⇩