「エニアグラム 自分のことが分かる本」…あなたはどのタイプ?

「エニアグラム 自分のことが分かる本」

著者はティム・マクリーンさん、高岡よし子さん。

この本ではエニアグラム診断を使って性格のタイプを9つに分類しています。

①完璧を求める人

②助ける人

③達成する人

④個性を求める人

⑤観察する人

⑥信頼を求める人

⑦熱中する人

⑧挑戦する人

⑨平和を好む人

引用:http://www.heartful-com.org/img/02_09_01.jpg

しかし、これはあくまでも目安として捉える方がいいそうです。

エニアグラムって何?

エニアグラム?聞き覚えのない言葉ですよね。

本書ではこのように説明しています。

エニアグラムは、9つの性格タイプ分類に基づいた自己成長のシステムです。

各タイプについての詳しい説明により、自分自身を深く理解するのはもちろん、他の人の性格や傾向性を知ることができます。さらに、それぞれの性格の特徴を踏まえた上で、その可能性を広げるにはどうしたらいいか教えてくれます。

ー性格を知ることー


1.自分を理解する


自分自身を知ることで客観的に自分を見ることができる。


自分の適正や可能性を知ることで、それをどうやって伸ばしていけばよいかが見えてきます。

2.他人を理解すること

自分とは異なった性格・価値観を持った人がいます。

人間関係でストレスや不安を抱えている人は多いと思います。

私たちが生活の中で抱える大きなストレスが人間関係によるものです。

相手の性格タイプを知ることで、今まで理解できなかった相手の行動や言動の意味が理解できるようになります。

エニアグラムは人間関係でトラブルが生じた時にも最善な解決方法を導く手助けとなります。


3.いい関係性をつくる

自分の性格・相手の性格が分かると、お互いの事を理解できるようになります。

今まで理解できなかった相手の言動や行動にも納得がいきます。

より良い人間関係を構築するためには、お互いの性格について知ること。

他者理解・自己理解の双方を深めていくことが重要なことです。

タイプ診断テストを受けてみた

本書の中に診断方法があります。

テストを受けることで自分のタイプがどれかを教えてくれます。

僕の診断結果はイプ9でした。

タイプ9の説明はこちらです。タイプ9➡平和を好む人

あるがままを大切に。穏やかでのんびりした性格。人に安心感を与える。

誰からも好かれる穏やかな人柄ですが、その発言は決してぶれることがありません。「達磨さん」のよう外見通りの、大きなうつわを感じさせる人物です。

平和を好む人にとって、場(人も含め)の雰囲気や環境が、和やかで居心地よいということが大切です。気持ちよく寝たり、おいしいものを食べたり、好きな人といるといったささやかな幸福を感じることができる空間です。

(※赤線はブログの著者によるもの)

これめっちゃ当たってました!

赤線を引いた部分は特に当たってるなと感じた所です。

自分が「これだ!」と思ったものは曲げずに貫いてしまうので、頑固だと言われることも多いです

あと、居心地の良い空間や環境は1番大事にしている部分です。

騒々しい場所や、ガヤガヤとした空間にいると心が騒いでしまって集中して取り組むことができません。

静かな場所でも居心地が悪いとすぐにその場から逃げたくなってしまうので居心地がいいというのは何よりも大切にしています。

騒がしい場所でも集中できる人を見ると羨ましく感じます。


🔴まとめ

エニアグラム 自分のことが分かる本を紹介しました。

本書では9つの性格の特徴の他に

・悩みの克服法

・可能性の育て方

・各タイプの効果的な付き合い方

タイプ別の仕事のスタイル

についても書かれています。

上司や部下のタイプを知ることができれば人間関係の改善や効果的な指導法が見つかります。

自分の性格って自分では中々わからないものです。

今はエニアグラム診断やストレングスファインダーなどを使えば自分の性格や特性を知ることができるので上手に活用していきたいですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。