【e-Taxで確定申告】ID・パスワード方式をやってみた

シェアする

2019年(平成31年)1月から個人納税者のe-Tax利用が簡便化され、以下の二つ方式が利用可能になりました。

ID・パスワード方式で申告する場合に必要なもの

・税務署に行って職員の方と対面による本人確認をして、「ID・パスワード方式の届出完了通知」を発行してもらう。

・国税庁ホームページの「確定申告作成コーナー」にて発行してもらった書類に記載されている利用者識別番号と暗証番号の入力をする。

1 平成31年1月以降のe-Tax利用のイメージ

引用:国税庁「e-Tax利用の簡便化の概要について」

税務署に行って長時間待ったり、申告書を印刷して他の書類と一緒に送らなくて済むのは魅力的。

今年初めて確定申告を自分でしなければいけなくなったので、折角のいい機会なのでe-Taxでの所得税の確定申告をやってみることにしました。

ID・パスワード方式での申告方法

ID・パスワード方式でe-Taxをする場合は、確定申告の前に事前に税務署に行って職員の方から対面での本人確認をしてもらい、「ID・パスワード方式の届出完了通知」を発行してもらう必要があります。

運転免許証や保険証などの本人確認書類を持参し、近くの税務署に行きます。IDとパスワードは無料で、即日発行してもらえます。

「国税庁:ID・パスワード方式を利用するには、どうしたらよいですか。」より「ID・パスワード方式の届出完了通知」引用。

ここに書かれているID(利用者識別番号)とパスワード(暗証番号)がe-Taxで提出する際に必要となります。

ID・パスワードは自分で管理して紛失したり、忘れたりしないように注意が必要です。

確定申告の手順

国税庁ホームページより、確定申告作成コーナーに行き、[作成開始]をクリックします。

[e-Taxで提出する]➡[ID・パスワード方式により提出する]➡[利用規約に同意して次へ]をクリック。

上の画面が表示されるので、発行されたIDとパスワードを入力していきます。
[次へ]をクリックし、下の画面が表示されたら準備完了です。

ID・パスワード方式のメリット・デメリット

【メリット】

  • IDとパスワードを取得すれば、マイナンバーカードを持っていなくても申告手続きができる。
  • パソコンだけでなく、スマートフォンからでいつでもどこでも確定申告の手続きができるようになる。※個人事業主の確定申告は、スマートフォンからの確定申告は対象外です。
  • 一度取得してしまえば、翌年以降の確定申告の際も利用することができる。
  • 郵送や書類の印刷等の手続きが不要。

【デメリット】

  • ID・パスワード取得のために、税務署に行く必要がある。
  • e-Taxのメッセージボックスの確認ができない(※確認にはマイナンバーカードとICカードリーダライタが必要)
  • IDとパスワードを管理する必要がある。

ID・パスワード方式でもメリットとデメリットはありますが、書類の印刷や郵送の手続き、会場への交通費などの手間を省くことができます。

しかも、一度取得してしまえば、翌年からも同じIDとパスワードを使用してe-Taxでの確定申告ができるのも嬉しいですね。

まとめ

e-Taxを使ったことがなく、上手く使いこなせるのか不安で、ネットで調べながらの初めてのチャレンジでした。

e-Taxなら自体でいつでも好きな時間に申告ができますし、申告書の郵送代や税務署までの交通費がかからないので、実際かなり楽でした。

初心者でも簡単にネットで確定申告ができるe-Tax。

ぼくは確定申告そのものが初めてでしたが、特に難しい操作もなく簡単に申告ができたので、興味をもったかたはチャレンジしてみてください!!