ブルーマンデー症候群を知っていますか?実践した克服法を紹介!

シェアする

こんばんは。

連休最終日の夜、日曜日の夜って何故か憂鬱な気分になりますよね。

「ブルーマンデー症候群」または「サザエさん症候群」をご存知でしょうか。

日本では、サザエさん症候群の方が馴染み深いと思います。。

サザエさん症候群とは??

日曜日の夕方から深夜に

「翌日からの学校にいかなければいけない・仕事をしなければならない」という現実に直面して憂鬱になり、体調不良や倦怠感を訴える症状のこと。

Q. サザエさん症候群にならないようにするためにはどうすればいいのか

1.日曜日は早めに寝ること

日曜日は早めにやることを終わらせて寝てしまうことです。

翌日の仕事や学校の事を考えて憂鬱な気分になるなら、その気分を感じる前に寝る。

寝てしまえば憂鬱な気分を感じずに済みます。

夜更かしはやめて今すぐに寝てしまいましょう。

次の日が憂鬱に感じるとダラダラとテレビを見たりパソコンをして夜更かしをしてしまいがちですが、悪循環でしかないのでやめましょう。

夜更かしする➡翌日寝不足で集中できずパフォーマンスが上がらない➡仕事でミスをする

➡上司から説教を受ける➡仕事に行くのが嫌になる…

このような負のスパイラルに陥ります…

2.月曜日の朝に楽しみをつくる

例えば

お気に入りのお店で朝食を食べるとか。

お気に入りのランニングウェアで運動をして気分を上げるとか。

大好きなジャニーズのライブDVDを見て癒されるとか。

なんでもいいんです!それでいい1日がスタートできるなら。

自分の気分を上げる方法を知っておくことは大切なことです。

◇早起きすることも大切なこと◇

普段よりも早起きしましょう。

時間ギリギリまで寝て、朝食も食べずに家を出るようでは朝から元気が出なくて集中して取り組むことはできません。

時間に余裕がないと些細なことでイライラしてしまい心にも余裕を持てなくなってしまいます。

時間の余裕=心のゆとりです。

3.仕事終わりの楽しみを考える。

1日仕事を乗り切った自分へのご褒美を用意しておきます。

例えば

お気に入りの映画を観るとか

●録画しておいた大好きなテレビドラマを観るとか

●お気に入りのお店に行くとか

●大好きな友人と大好きなお酒を飲むとか

仕事終わりに楽しみを持っておくと、「仕事を終えれば○○が出来る!」

「仕事が終わったら○○さんに会える!」と思って多少嫌なことがあっても乗り越えられる気がしませんか。

※ただし、お酒の飲み過ぎには気をつけましょう!

飲み過ぎた日の翌日はひどい頭痛と、身体の怠さで気分は最悪です・・・

お酒を飲む人なら誰しも1度は経験したことがあるかと思います。

ちょっと飲み過ぎたか・・・と後悔してもあとの祭りです。

また、夜更かしにも注意しましょう!

翌日のパフォーマンスに悪影響を及ぼしかねませんので程々にしておきましょう。


🔴まとめ

以上、僕が実際に月曜日の仕事が憂鬱で仕方なかった時に試した方法です。

騙されたと思ってまずはやってみてください。

何かが変わってくると思います。

シェアする

フォローする