お金の稼ぎ方を知る 泉忠司/バカとブスこそ金稼げ!

シェアする

泉忠司さんの「バカとブスこそ金稼げ」

このタイトルを見た時の衝撃が大きく、思わずジャケ買いしてしまった一冊。

「バカとブスこそ金稼げ」。インパクトは大きいが、不快な気分にもなるこのことば。
これはドラマ「ドラゴン桜」での名言、『バカとブスこそ東大へ行け』を改変したものだということが本書に書かれています。

また、泉さんは独自の理論やこれまで歩んできた人生から「リアルドラゴン桜」と呼ばれていいます。ミリオンセラー作家であり、「クロスメディア時代の寵児」の異名を持つ泉忠司が指南するお金の稼ぎ方。

本書は、お金の稼ぎ方やお金の使い方まで。お金とどうやって付き合っていくことがいいのか、お金を稼ぐにはどうすればいいのか、ということを教えてくれます。会社の給料とは別で自分でお金を稼ぎたい、将来の不安や焦りを抱えている人におすすめです。

著者について

●泉忠司

1972年香川県の高松市生まれ。偏差値30から半年で全国模試で1位に。
ケンブリッジ大学留学、早稲田大学British Studies研究所客員研究員、横浜市立大学、青山学院大学、日本大学の講師を経て、現在は国士館大学の講師を勤める。独自の理論と歩んできた人生から「リアルドラゴン桜」と呼ばれている。

////////////////////////// //スポンサードリンク
// //////////////////////////

バカとブスとはどんな人を指すのか?

僕がバカと呼んでいるのは、世の中の仕組みや真実を直視しようとせず、そこから目を背けてただ漫然と流されるだけの日々を過ごしている人

「どうでもいい」「どうせ無理」と投げ出して思考停止してしまっている人を指しています。

ブスも外見のことを指しているわけではありません。
世の中の関心も周囲への好奇心も持たず、何も考えずにただ流されて人生を浪費しているだけの人に内面からの輝きが外に出てくるわけがありません。バカとブスは同義なのです。

まずは信じること。信じるか信じないかが人生の分かれ道。

お金を稼ぐために大事なこと

  • 学び方
  • 環境
  • 思考

学び方の3原則

  1. 超一流から学ぶ
  2. 素直に聞く
  3. そのままやる

日本の伝統芸能や武術の世界に「守破離」ということばがあります。
まずは師匠から言われた「型」を守ることから始まります。その後でその型を自分自身と照らし合わせて研究することで、自分に合ったより良い型をみつけ既存の型を「破る」。師匠から学んだ型を守りながら、自分の型を作りだすということは、自分について完全に理解している状態であり、最終的には型から自由になり、型から「離れて」自在になることができる。

これが「守破離」の意味するところです。型を守らずに最初から「自己流」でやっていてもいい結果には結びつかないという教えです。
どんな名選手にもその陰には名コーチの存在があります。千人に一人の天才でない限りできるわけがないのです。

素のままの自分からオリジナルが生み出せると思ったら大間違いだ。想像するってことはまず真似ることから始まるんだ。基礎となるカタをまず身につけ、それを工夫とアイディアでアレンジしていくんだ。「カタにはめるな」なんてほざく奴はただのグータラの怠け者だ-ドラゴン桜より-

稼げる環境に変える

お金を稼ぐには「環境」が殊のほか重要。
自分の年収は身近な10人の平均年収を越えられないと言われています。なぜなら同じ層の人は同じように考え、同じように行動するからです。
「環境」さえ整えることができれば、もはやお金を稼げたのも同然と言っても過言ではないそうです。

ドリームキラーに注意!

ドリームキラーとはあなたの夢を壊す人。

例えば、今いる会社を辞めて、独立する話をしたとします。身近な友人や家族から「安定を捨てるなんて勿体ないよ」「バカなこと行ってないでちゃんと現実を見な」「お前が独立してやっていけるわけないだろ」と反対されることでしょう。

身近な人から反対されればよほど強い意志がない限り、人間は流されてしまいます。しかし、現状を打破し、もっと上のステージに上がりたいのであれば、身の回りの友人との関係を考えなければいけません。
但し、友人や家族はあなたを非難するつもりで言っているのではなく、「親切心」からこのようなアドバイスをしているのです。だからこそ厄介でもある。

大切なことは「身近だから」という理由だけで相手の言うことを聞くこと。これは間違いなので、気をつけたほうがいいということです。

まとめ

「お金は欲しくない!」という人は少数だと思います。
環境の重要性、学び方、思考法、お金の使い方など幅広いテーマですがどれも重要なことです。

お金を稼ぐこと=世の中に価値を生み出し、提供すること。お金持ちは、たくさんの人に価値を提供することができる人。
ビジネスとは、何かを売ってお金をもらうこと。

●「パルテノン神殿方式」で複数の収入の柱を立てる
●日本だけでなく海外に目を向ける
●「投資」か「消費」かを意識する

あらためて、収入源がひとつしかないという状況は危険なものだと強く感じた。