宮崎あおいさん出演のおすすめ映画作品を紹介

シェアする

僕は映画を観るのも好きです。

ある映画を見てから、宮崎あおいさんのファンになってしまいました(笑)

今回は宮崎あおいさん出演の映画作品の中から個人的なオススメ作品を紹介します。

おすすめ作品

ツレがうつになりまして

宮崎あおいさんのファンになる切っ掛けとなった作品です。

この作品は、うつ病を患った夫との生活を描き、30万部を超えるベストセラーとなった細川貂々さんの同名エッセー漫画を映画化したハートフルドラマです。

ツレ(夫)がある朝「死にたい」と真顔で言い出した。うつ病だった。売れない漫画家の妻と共に送る闘病生活を描いた作品です。

映画の役の晴子というキャラクターが魅力的です。

この作品を観た時はちょうど仕事でトラブル続きで、上司とも合わなくてストレスが溜まっていた状態でした・・・

愛情溢れる晴子の姿に心が温かくなったのを覚えています。

「うつ病」という重いテーマではありますが、それをあまり感じさせない出演者の明るいやりとりが印象的です。夫婦愛が沢山詰まった作品でオススメです。

海でのはなし。

スピッツの音楽から生まれたやさしい物語。人気バンド・スピッツの楽曲の世界観をモチーフに描いたロマンスドラマです。

主演は宮崎あおいさん・西島秀俊さん。

挿入歌が9つもあるのがこの作品の特徴です。

音楽(挿入歌)に関しては賛否両論ありますが、個人的にはあまり気にならなかったです。

むしろ、スピッツの曲が流れることで切なさが増します

スピッツの曲は優しくて温かくて心が穏やかになります。

挿入歌が9つもあるので、スピッツの曲が好きじゃない人にとっては少し耳障りかもしれませんが(笑)

登場人物の博士(西島秀俊)の人物像が自分と重なる部分があって個人的に魅力を感じました。

誰しも「このために生まれてきたんだ!」ってものがあると思うんだ。

という博士が言ったことばがその当時、生きる意味を模索していた僕の心に深く突き刺さってずっと心に残ってます。

ちいさなちいさなラブストーリー。

ソラニン

浅野いにおさん原作の人気コミックを宮崎あおいさん・高良健吾さん主演で映画化した音楽青春ドラマです。

主演の2人が、かもし出す空気間が個人的にすごく好きで、観ると癒される作品です。

将来に希望を持てずに、それでもどうにかしようと足掻いている姿は昔の自分と重なります。

種田(高良健吾)が芽衣子(宮崎あおい)に対して言ったこのセリフがカッコイイです!

・・・辞めちゃいなよ。

本当に芽衣子がそうしたいなら。

・・・きっとどーにかなるさ。

社会人2年目になり、社会や大人に対して不平不満を持っていた芽衣子。

しかしどうしたらいいかわからず将来に希望を感じられずにいた彼女の背中を押したことばです。

結果はどうなるか分からないけど、こんなことばを言えるような男になりたいものです。

この映画は「やっぱり仲間っていいもんだな」「音楽って素敵だな」という気持ちを思い出させてくれる作品です。

原作のコミックもオススメ。2巻完結なのでサクッと読めちゃいます♪

世界から猫が消えたなら

2016年公開作品。

2012年に映画プロデューサー・川本元気さんの同名ベストセラー小説を佐藤健さん・宮崎あおいさん共演で実写化映画化したヒューマン・ドラマです。

1匹の猫と共に暮らす男性が主人公の物語。

30歳にして突然、余命わずかの宣告を受ける。そんな彼の前に自分と全く同じ姿をした男(悪魔)が現れる。

悪魔から「世界から1つものを消す代わりに、1日の命をあげる」と言われる。

彼は悪魔との取引に応じて、大切なものを1つずつ消していく…

【何かを得るためには何かを失わなければならない】

今の社会は沢山の物で溢れかえっている。しかし、不要なものはひとつもないのかもしれない。

ある人にとっては要らないものでも、ある人にとってはかけがえのないものである。

自分のかけがえのないものに気づかせてくれます。感動のラストシーンは必見です。

正直、号泣・・・しました

あなたにとっての「猫」は何ですか?


🔴まとめ

いかがでしたか?

以上、僕のオススメの映画作品でした。

宮崎あおいさん主演の映画は沢山あって、まだ観てない作品が多いので、全作品を網羅する勢いで頑張ります。

みなさんのおすすめの映画があったら教えて下さいね♪