「人生で大切なもの」を見つけ出す365日の物語(365日のシンプルライフ)

シェアする

「365日のシンプルライフ」を観ました。

この作品は、ドキュメンタリータッチの北欧映画です。

あらすじ

ヘルシンキに暮らす26歳のモノが大好きな青年ペトリ。 彼は、幸せを見つけるためにある実験を始める。

持っているモノを全て倉庫に預けて、倉庫から持ち出すのは1日に1個。これを1年間続け、1年間何も買わないという4つのルールを課す。

「今、自分にとって最も必要なものは何か?」日々葛藤する中で、彼は人生で大切なものは何かを模索するようになっていく。

弟には『バカみたいなことを』『理解できない』。

親友には『誰もがモノから解放されたい』『現実逃避だよ』と言われ、なかなか周囲には理解されません。

そりゃあそうですよね笑

兄が突然、ある実験をすると言い出したら「頭がおかしくなったんじゃないか?」と思うのは当然です。

そんな状況でも、実験を継続していく内に少しずつ周りの理解が得られ、協力してくれるようになります。

好きなセリフ

持っているモノの多さで幸せは計れない

人生はモノでできてない

この2つの言葉は正に確信をつくものでした。

モノは生活や人生を豊かにするものではあります。しかし、モノの多さと幸福度は必ずしも比例しません。

この映画を観て感じたこと

ミニマリズムという言葉が広がりはじめ、モノが少ないメリットを多くの人が気付きはじめています。

そのミニマリズムをわかりやすく表現している映画だと感じます。

ペトリのように素っ裸から始めるのはかなり勇気がいるし、現実的ではない。

恐らく、日本だったら職質を受けて一瞬で実験終了でしょうね(笑)

一旦持ちモノを全て金庫に預けて、リセットするのは効果的なやり方だし、おもしろいと感じます。

自分にとって必要なモノを見極めるのに画期的な方法で、映画を観ながら「自分だったら何を必要とするのか」を考えました。

モノの付き合い方や生活を見直しすきっかけになります。

テーマや実験は発想としては面白いですが、

モノが少ない生活のメリットや所持品へのこだわりについての描写がなかったので、そこが描かれているともう少し見応えのある映画になったのかなと感じます。

モノが多いデメリットは沢山あります。

●引っ越しが面倒

●場所が必要

●広い部屋に住まなければならない

モノが多いと引っ越しするのが面倒で、同じ場所に定着しがちになってしまいます。モノが少なければ身軽になれますね

最近、今住んでいる場所を変えたい、違う街に住みたいと思うことがあるのですが、荷造りや引っ越しの作業を考えると面倒で仕方ありません。

来年でいいや、と気づけば何年も経ってしまっています・・・

モノが少なければ、それだけ引っ越しや荷造りの時間を短縮できます。

いつでもどんなタイミングでも住む場所を変えられるということ。これは大きなメリットだと僕は感じます。

この映画をきっかけに自分の身の回りのモノを見直してみるといいかもしれません。

 U-NEXTなら登録するだけで、観れちゃいます。この機会にぜひ♪