2017年に読んだおもしろかった本【5選】

シェアする

2017年は今までよりも読書をする時間が増えたので、沢山の本と出会うことができました。

読書を通じて多くのことを感じ、多くのことを知りました。

昨年読んだ本の中から「おもしろかった本ベスト5」を紹介していきます。

5位 マンガでよくわかるエッセンシャル思考

要点がうまくまとまっているので分かりやすく、マンガなので活字が苦手な人でもスラスラ読めます。

時間に追われていて、つねに忙しい日本人に必要な思考法だと感じました。

今自分にとって何が重要なのか、自分には何ができる・できないのかを認識すること。

自分の許容量を理解して、それを超えないように自分の出来る範囲で努力することが大切。99%の無駄を捨てて1%に集中する。自分自身の無駄を見直すいい切っ掛けになります。

こんばんは。 「マンガでよくわかるエッセンシャル思考」を読みました。 マンガでよくわかるエッセンシャル思考 posted with ヨメレバ グ...

 4位 ノーベル物理学者が教える「自分力」の磨き方

「自分力」とは推進力・実行力のこと。好きなこと・興味のあることをとことん突きつめて、結果へとつなげられる力です。

「憧れ」、「夢」が自分力の原動力になる。

自分を信じて行動していけば道が開けるんだなと感じた。自分の興味・関心を大切にしていこうと思った。

「ノーベル物理学者が教える 『自分力』の磨き方 眠っている己の才能に気づくヒント」を読みました。 著書は益川敏英さん。 ノーベル物理学者が教える 「自分力」の磨...

3位 内向型の生き方戦略~「社会から出て、境地を開拓する」という生き方提案~

この本はKindle Unilimitedで読みました。

内向型に関する本を何冊か読みましたが、この本は一番斬新であり、分かりやすかったです。

外向型・内向型を社会維持型・境地開拓型と再定義し行動や考え方の違いを分かりやすく対比させています。内向型には内向型の、外向型には外向型の生き方が、それぞれあります。自分にあった生き方を知ることはとても大事です。

●内向的

●傷つきやすい

●周りと価値観が合わなくてしんどい

●生きる意味を深く考えてしまう・・・そんな人にオススメ!!

「内向型の生き方戦略『社会から出て、境地を開拓する』という生き方提案」を読んで。 著者は村あやえもんさん。 外向型と内向型の比率はおよそ8:2で構成されてい...

2位 人生の悩みが消える自問力~「5つの質問」と「自問自答」ですべてが好転する~

この本から自問自答することの大切さを学びました。セルフコントロール本で、自分自身に問いかけることで「自分の本当の願望は何なのか?」を知ることができるというもの。

身に起こる問題は、自分自身に問いかけることでほとんど解決することができるそう。

効果的な自問自答のやり方を身につけることができれば誰でも「いい結果」を導き出すことができる

実際に起こりそうな事例を紹介し、自問力を日常生活でどのように活かすのか?について知ることで、自分に置き換えて考えることができます。

堀江信宏さんの著書「人生の悩みが消える 自問力」を読みました。 人生の悩みが消える自問力―――「5つの質問」と「自問自答」ですべてが好転する posted with...

////////////////////////// //スポンサードリンク
// //////////////////////////

1位 好きなことでお金を稼いで独立する方法

1位はこの本です。

好きなことでお金を稼ぐには?必要なことは何なのか?好きなことでお金を稼いでいきたい!と思っていたときに見つけて読んだ本でした。

楽しくやることが何よりも重要なこと。

自分が楽しくやることで、楽しそうな雰囲気が周りを巻き込み、知らず知らずのうちにファンが生まれていく。

自分の大好きなことを見つけ、それを収入につなげていくポイントや過程について書かれています。

精神論で終わらずに具体的に書かれているのが大きなポイントです。とりあえず好きなことを突き詰めて楽しもうと改めて思った。自分が楽しまなきゃ他の人を魅了することはできない!!

「大好きなことでお金を稼いで独立する方法」を読みました。 著者は中村あやえもんさん。 ≪目次≫ 1章 うまくいく人の流れ 2章 何を売ればいいの? ...

まとめ

以上、2017年に読んだおもしろかった本 BEST5を紹介しました。

いかがでしたか?個人的に知りたいことや興味が強く出過ぎてしまったかなという気はしています。

今年も色んな本を読んでいきたいです。オススメの本があったらぜひ教えてください。